HOME事業案内計測機器紹介会社案内お問合せ

HOME専門用語集

  • 弛度

    電線路において一般に「弛度」とは、支持物(鉄塔など)間に張られている電線のたるみの度合(弛度)で、dまたはD(dip)と表記します(Sagと称することもアリ)。

    ○水平地度
    支持点が同じ高さの場合は、弛度は径間の中間点にあり、値は一つですが、実際は支持点の高さが異なる場合がほとんどで、それぞれの支持点よりの弛度(dL,dH)があります。

    ○斜地度
    電線が、高低差のある二支持点に支持されているとき、両支持点を結ぶ直線と電線のなす曲線との鉛直距離の最大値を斜弛度といいます。
    支持点高低差のある場合は、一般に斜地度のことを単に弛度と呼ぶことが多い。

    ひもを両手で持ってピンと張った状態から、少しづつ両手を近づけてくると重力に引っ張られてだらりと下にたるみます。このたるみが弛度です。(この場合、両手が支持物の支持点にあたります)


PAGE TOP

株式会社ハイデックス和島 HIDEX WAJIMA
株式会社ハイデックス・和島
〒007-0834 札幌市東区北34条東7丁目2-16
tel.011-704-3856 / fax.011-741-0545
(C) 2010 hidex wajima All rights Reserved. produced
株式会社ハイデックス和島