HOME事業案内計測機器紹介会社案内お問合せ

確かな送電線のサポートを提供します

HOME計測機種案内FARO Focus3D(ファロー フォーカスSD)

FARO Focus3D(ファロー フォーカスSD)

屋内外問わず、数分で高精度3次元データを取得します。機能性に大変優れています。

概要

360°高精度の3次元データが取得できます。

Focus3Dは高精度な計測と3Dドキュメント化のためのハイスピード3Dスキャナーです。短時間で複雑な環境や地形の詳細な3次元イメージを取得できるレーザー技術を使用しています。計測範囲内のデータ密度は、簡単な1次解析でも形状が確認出来るほど精密です。

FAROR Laser Scanner Focus 3D 仕様

明瞭識別距離 153.49m(503.58fr)
測定範囲(Focus3D120)1 0.6m〜120m(屋内、または低環境光の屋外、90%反射面)
範囲誤差2 ±2mm(10mおよび25m、それぞれ反射率90%、10%において)
解像度 最大70メガピクセルカラー
ダイナミック・カラー特性 自動明度補正
垂直視野 305°
水平視野 360°
レーザー出力(cwφ) 20mW(レーザークラス3R)
内蔵バッテリー連続使用 最大5時間
重量 5.0kg

特徴

  • 計測

    計測
  • 解析

    解析
  • 図化

    図化
操作が簡単、かつ正確なデータの取得が可能

設置後、設定を選択して開始ボタンを押すだけで、自動でデータを取得。
測定者の違いによる誤差やヒューマンエラーの心配もありません。

専用ソフトを使用することで驚く程簡単に解析、図化を進められます。

用途例

屋外環境下での3D化

ビル建設用地、道路、地形などの3D化に優れています。
120mまでの範囲で測定が可能です。

擁壁、法面、点検・変動調査

屋内環境下での3D化

ビル設備、輸送システム、生産設備といった内部や技術設備の高速3Dドキュメント化も可能です。

その他

MMS計測走行データの補完、重要箇所の精細3次元データ取得に利用可能です。

FARO Focus3D(ファロー フォーカスSD)資料はこちら(pdfファイル)

PAGE TOP

株式会社ハイデックス和島 HIDEX WAJIMA
株式会社ハイデックス・和島
〒007-0834 札幌市東区北34条東7丁目2-16
tel.011-704-3856 / fax.011-741-0545
(C) 2010 hidex wajima All rights Reserved. produced
株式会社ハイデックス和島